ふ て い き び ん 1152000.6.9

o o o o o o o o o o o o o o o o

ひろせ しんじ: 神奈川県藤沢市

E-mail ID :   HP URL:

o o o o o o o o o o o o o o o o

《「アイ」が壊れた》

 今これを打っているパソコンのキーボードの「i」のキーが外れるようになって1月に近くなる。仕方ないので、明日には修理に持って行く。1週間や10日は時間がかかるだろう。その間、僕はどうやって生活すれば良いの?という感じ。で、事務所の別のポータブルにデータを皆写したつもり。写し忘れていた部分があると、それが重大。

 まあ、持って行って直してもらうしかないよ。

   

《お袋のお姉さん》

 大阪にいる いとこの子供から電話があって、電話を終わる前に、E-mail IDを教えてもらった。早速、E-mailを流したら素早い返事が来て、もう何度もやり取りをしている。うまく動くと実に便利。

 お袋のお姉さんの孫なのです。お袋とお姉さんは、5人兄弟の一番上と一番下だったので、16歳違い。で、おばちゃんは95歳で元気にしているとのこと。いとこだって、60代の終わりのはず。老老介護になっちゃうね。

 転んで骨を折ったので杖をついているし、ペースメーカーも着けている。でも、元気にしているようです。補聴器は煩わしいというので外してしまうから、電話ではなかなか話しが出来難いようです。

 「みんなに迷惑が掛からないのなら、会いたいけれど。もう、一人では電車も乗れなくなってしまったから。」と独り言のように言っていたとのこと。そんな話を聞くと会いに行きたくなりますね。

   

 僕が小学生の頃、遊びに来てくれると、いきなり「何時、帰るの?」と僕が聞いたのです。早く帰れという意味ではなくて、いつまで一緒に遊んでもらえかが聞きたかったのです。でも、いきなり「何時、帰るの?」は失礼ですね、今、考えても。

 その頃、鎌倉に住んでいたので、今でも「鎌倉おばちゃん」と呼んでいます。洋式の水洗便所がめずらしくて、タンクから下がっている鎖にぶら下がって切ってしまったり。(便座は分厚い木でしたよね。落っこちてしまいそうに大きな穴で。)裁縫の和鋏を広げて戻して、もっと切れるようにしてあげようとしたり。

 お袋の洋服を作ってくれているおばちゃんの脇で「現金収入にならないね」と言ったり。なんともはや、ガキでしたね。

   

 本人がE-mailをやらないにしても、こんな風に周りでE-mailのやる人が居てやり取りができるというのはスゴイですね。今度はおばちゃん宛ての手紙も作って流しておきましょう。

 うちのおやじも、自分でキーボードを叩けば良いのにね。E-mailでお喋りをするなんて、良いと思うのだけれど。でも、そう簡単は始められないようです。

   

《友達のホームページ》

 先号の友達のホームページ。2週間位悩んでいたようですが、up loadできたというE-mailがきました。おめでとう。この先、更新が難しいんだよね。

   

《知大の先生》

 知大の1年生の時の担任の先生からE-mailをもらいました。小学校に20台パソコンが入るという話は聞きましたが、どう使えているのか聞こえてきてはいません。お父さん達がボランティアで手伝える部分があると思うのですが。

 実際に自分で使っている先生がいないと、生徒に使い方を説明するというのは難しいでしょうね。

 知大も返事を書いていました。ちょくちょく書くようになれば良いのにね。

   

 真中さんは、ただのE-mail IDと、ただのホームページのURLをもらって、僕のホームページから独立思想です。写真も載せるつもりのようです。中学校には40台のパソコンが入っているとの話。

   

《入浴サービス》

 女房のお母さんが、訪問入浴サービスを受けるようになりました。家の前の道が狭いので、駐車場に車を入れてもらえるように、朝、車を出して余所に駐めに行っています。夜帰ってきてからまた連れ戻してきます。毎週火曜日のこと。もう2月くらいになるでしょうか。

 これが、我家で介護保険の具体化した部分です。ショートステイを使って、その間1泊旅行ができたら、という話を女房とはしますけれど、なかなか実現しようにはありません。

 この制度、何か変だぞと感じながらも、介護に他人の手が入るのが普通になってくれると何か変わるのかもしれません。

   

 ひろせ しんじ

☆☆「ふ」は、ひろせしんじの個人誌。好き勝手ことを書いて好き勝手なときに送りますので、受取りたくないと思う人はそう言ってください。☆☆

E-mail ID :