【ホームページに戻る】


ふ て い き び ん 1061999.9.24

o o o o o o o o o o o o o o o o

ひろせ しんじ: 神奈川県藤沢市

E-mail ID :

o o o o o o o o o o o o o o o o

 

「ふ」103号(990627)に書いていたB5版のポータブルを事務所に入れてもらいました。3ヶ月遅れですね。まだ、3日目なので、使えるようにはなっていない、と言うのが本当です。しかも、CD-Driveが入荷待ちということで、あわててLan-Cardを買ってきて、事務所の他のPCCD-Driveを使ってソフトのインストールをしたところです。でも、LAN-Cardを入れること、トラブらずに出来たのでよろこんでいます。やればどうにかなる、ということでもないのですが。

それで、NetworkCD-Driveを使っているせいか、オアシスのインストールがうまくできないのです。それで、今はMS-IMEを使っているところです。慣れるしかないとあきらめて、今この文章を叩いているところです。叩くという勢いはありません。こちょこちょこ、ちまちま、ちまちまやっている、という感じです。

さて、本当に僕の思っているような使い方ができるのでしょうか。

  

朝、事務所でスイッチを入れたのに、今(615分)まで練習の機会がなかったというのはさみしい限り。Networkのプリンターを使えるようにならなかったのが問題なのです。どうやって、Printerを指定したら良いのか、少し苦労させられそうです。

  

事務所で、ワープロの時代から付き合っていた販社が倒産してしまった、という話。それで、面倒を見てもらえなくなったのです。不況という話、こんなに身近に感じるのは初めてです。それで、LANの話も気楽に聞けるところがないということです。もっとも、販社のしがらみがなくなったので急にSONYを買う話が実現したのですが。そうでないと、今頃は、VAIOではなくて、BIBLOをいじっているところでした。

  

キーはやはり、せせこましくて窮屈です。指先だけでこちょこちょやっている感じ。慣れるとは思いますが。それで、キーの上に指がかぶさっていて、キーが見えないので、キーを見ないで打つということに進みそうです。でも、机の上に置いて機械なので、自宅の専用のラックと違って腕の位置等条件は良くないのですが。

昨日、パソコン屋に行って、MS-IMEの話を立ち読みしてきた甲斐がありました。まだまだ、叩くという感じにならないのですが。

  

少しの間にも、エンターキーを押すのと、バックスペース・キーが使えるようになりました。この調子なら1号つくることもできるかもしれません。と、言っても2頁ものがせいぜいでしょうが。

  

通信の方はもう、すでに開始しています。電話のジャックの口がなんとも頼りないのです。まぁ仕方ないけれどもね。それに、Floppy-driveに、LANの配線となるともう、スパゲッティ状態で、瀕死という感じ。もう少し美しくできないの?

昨日、E-mail用の、addressは写しておきました。

   

事務所の人の話。今日も募集をかけるのに職安まで出かけてきました。2月程前に男の人を取りました。そしたら、今までの僕では考えつかなかったことなのですが、仕事を頼めるのです。こんな風であれば、手伝ってもらって自分の仕事を広げることができるな、と思っています。中身の方は頼んで、こちらは進行を見ていれば良い、といような。

説明が説明として理解してもらえるということは、実にうれしいことです。だから、改正法の話もする気になったということです。改正法の話を始めてからそろそろ2ヶ月になろうとしています。

  

そのからみで、朝の電車の中で、その日説明する部分を見直したりしています。朝の電車の中は一番確実な時間んなのです。短い時間を有効化して初めて、もう少しまとまった時間を作ることもできるのですね。もっと沢山、時間が欲しいと思っています。

  

早く、少しは形のあるものにして、その後に、自分の考えていることを文章にできる機会を作りたいと思っています。

  

《おやじの話》

指の針金は抜けて、今は、リハビリに通っています。思ったよりも、重症でしたが、少しは回復するきっかけになるでしょう。おやじ自身も、こちらで手術を受けたこと、正解だったと思っているようです。

家の住み替えはあきらめつつあるのですが、建て増しの方はできそうなので、その話をし始めました。今回はおやじも少しはその気があるようなので、進めることができそうです。やはり、今回の痛い思いというのは効いたのでしょうか。

  

俵 考太郎の「どこまで続くヌカルミぞ―老老介護奮闘記―」文春新書9909、を読みました。有名税でドロドロを書いてくれよ、と思いなが読んだのですが、良くぞ書いてくれました、という感じです。舛添も良かったけれど、俵君も良いね。老老介護というのは、怖いですね。90歳のお母さんを看取って、お父さんは97歳で健在とのこと。

僕は、80歳が一つの区切りと思っていたのだけれど、90歳ですか。

  

《おわび》

 またしても、おわびです。「ふ」105号を送信するとき、E-mailの調子が悪くて、途中でエラーが出てしまって、何度もやり直したのです。次の日に、送信記録を見てビックリ。3回も同じものを流した結果になっていました。今後気をつけます、と言っても、機械(niftyの受付側が悪かったはず。その前の日も、その次の日も何も問題がなかったから。)の調子の悪いのは何ともしようがなくて。調子の悪い時はお手上げということですよね。そのあたり、もう少しどうにかならないかしら。

というわけで、ご迷惑をおかけしてごめんなさい。

  

東チモールの話でE-mailをもらった話と、布留川さんの話は、次回に回します。

 など

 ひろせ しんじ

E-mail ID:


【ホームページに戻る】