ふ て い き び ん 94号 1999.1.15


ひろせ しんじ:

E-mail ID


 お詫び

 「ふ」93号のE-mail発送については、ごめんなさい。最終稿でないものを送りだしてしまうというドジをやってしまいました。何か決定的な、解決方法を見つけ出さないとね。同じような表題がいくつもあるというのは問題だよね。

. * * *

 Home Pageの更新を3ヶ月さぼっていましたが、1月初めに新しいFTPを手に入れて、更新をしました。使いやすいソフトなので、これからはどんどん更新できると思います。

 Home pageのごたくのところには書いておきましたが、リンクを沢山付けるのが面倒くさいので、少し手抜きをさせてもらいました。それで、「ふ」の各号を見るのは、〔「ふ」のインデックス頁〕から、各号をクリックしてもらうようになりました。今までは、目次の方からも飛べるよにしていたのですが、これからのものは、目次からは飛べません。ごめん。

. * * *

 郵便で送り出した「ふ」91号に対してE-mailの返事が2つありました。1つは、学生時代の友達で、もう一つは、学生時代の友達の息子(中3)からのもの。「お父さんがE-mailのやり方を教えろと言うのですが、暇がなくて習えないようです」というもの。早速、お父さん抜きでE-mail仲間になってくださいと返事を書きました。

 こうやって、若い人が力を付けてきて、追い越して行くのですね。

 うちの子より1年上でしかないのに、しっかりしてるなァ。いつでも、よその子はうらやましい。

. * * *

 自分の葬式や墓やお経の話を書いたものを、ここに載せます。

 お袋が亡くなった後に書いたものなのですが、その時はすぐ載せる気にならなかったのです。今回、お袋の墓の話が出ているので、僕は僕自身の考えを明確にしておこう、と思ったのです。

. * * *

 981014に書いた文章です。

 【お葬式、お経、お寺、お墓、戒名、年忌等々、いろいろあります。僕が今回、不快に思ったということではないのですが、普段そういうものとはちっとも接していないだけに、急にこういう「しきたり」ですと言われると、「そうですか」としか言いようがない(そのまま従わざるを得ない)のですが、「違うぞ!」と僕は思っています。それで、しきたりとは違うことしてもらいたいので、文章にして明確にして残して置きたいと思います。

 (1)お経なんて、意味も分からないように唱えてくれるのは聞きたくもありません。だから、お経はやめて下さい。

 (2)お墓もいりません。骨も残す必要はありません。だから、良く焼きににして、骨も残らないようにして下さい。それでも残ったものは捨てて下さい。

 (3)焼かなきゃいけないという法制だとしても、焼く前に、医学用に使ってくれたら良いと思います。もっとも、それは、残った者が嫌がるようなら使わなくても良いけれど。でも、使ったら。どうせ、死んじゃったんだから。

 (4) 死亡通知の文章を用意しました。皆さんにもお見せしておきます。僕の意思をはっきりさせるために。

 『死亡通知(この文章は生前、本人が書き残したものです。)

 かねて、病気療養中の広瀬慎二は、○○月○○日に死亡しました。○○歳でした。

 死者生前の意思により、通夜・葬儀・埋葬・年忌・戒名等はいずれも行いません。また、香典・お花等も強くご辞退申し上げます。

 なお、時に思い出して頂き、女房と子供達にお便りを頂けたら幸いです。』

 何故か病気で死ぬつもりになっていますので、病気療養中と書いたけれど、その辺は適当に変えて下さい。】

 (5) 葬式もやらないで下さい。坊主も呼ばないで下さい。焼いた後か、焼く前に集まって故人を偲ぶというのなら、偲んでもらっても良いけれど、特に集まることもないんじゃないの。物体は無くなちゃうのだから、各自の心の中にあればそれで十分。それも「思って下さい」という風に強く言う気はありません。だから、『…』の「時に思い出して頂き」というのは、強過ぎると思います。この部分は削除してもらおうかな。

. * * *

 気持ちは変わるかも知れませんが、上の文章に書いたことを変更すると明確に書かない限り、僕の意思は上の通りです。ただ、死んでしまった人より、残った人が中心になるべきだと思いますから、残った人が、残った人自身のこととして何かをすることまで文句を言うつもりはありません。死んだやつの意思を尊重してやろうというのなら、こうして下さい、ということ。

 スローガン風に「骨は残すな、墓に入れるな、坊主は呼ぶな、お経は上げるな、年忌はやるな」です。いつつの「な」です。「いな(否)」ですなあ。

 など、

 ひろせ しんじ

 E-mail ID : Home page URL: